屋根裏収納は隠れた収納スペースとして重宝します

“一戸建て住宅を選ぶ際にこだわりたいポイントとしては屋根裏収納です。というのも新築の一戸建て住宅には必ず屋根があるので、この空間を上手に活用すると鯉のぼり・ひな人形・クリスマスツリーといった季節用品を収納する場所として重宝します。

しかし、屋根裏収納を使用する際に必ず気をつけたい点として断熱材の有無があります。これは屋根裏部屋は太陽光によって屋根が直接暖められることになるので真夏にはサウナ状態となってしまいます。その為、精密機械のような熱に弱い物を収納していると故障の原因にも繋がるので、対策としては屋根との間に断熱材を入れて、空調設備を整えるなどがあります。

また、屋根裏収納を使用する上でのデメリットを紹介すると、階段が急こう配となる収納式のハシゴを使用して移動することになるので、重たい荷物を上げ下げするのが非常に大変です。また、開口部の大きさも限られているので、それよりも幅が大きな荷物を収納するのは不可能という点があります。

それでも屋根裏収納が有るのと無いのでは収納容量に大きな差があるので、是非とも屋根裏収納を検討してみて欲しいと思います。”