一戸建て住宅の階段スペースは節約しない

一戸建て住宅を建てる際、「節約できるところは節約したい!」と思うことでしょう。とくに、注文住宅で一戸建て住宅を建てるという人は、「不必要なスペースなんかは削って、できるだけ良い家にしたい」という思いが強くなることでしょう。私がそうだったものですから。

ただ、ひとつ言いたいことはといえば、「階段スペースは節約しない方がいい!」ということです。勾配がきつい階段は絶対に作らないように。後々生活をしていく上で、ストレスに感じるほどにキツイですから。

また、階段の幅についても同じことが言いたいです。「階段の幅は一人が通れるぐらいでいい」と思っている人も多いでしょう。けれど、可能ならば多少なりともスペースを取ったほうがいいですよ。荷物を持って階段の上り下りをする際に、細い階段はストレスです。もとい、階段の横の壁を傷つけることになりますよ。

私は、階段はスペースを削ってはいけない部分だと思うんです。スペースを削るのならば各部屋にした方がいいと思います。トイレにしても階段にしても、地味ながらもかなりの重要スペースですから。